食博覧会・大阪について

  1. ホーム
  2. 食博覧会・大阪について

ごあいさつ

食博覧会実行委員会 会長 本荘 武宏

食博覧会実行委員会 会長 本荘 武宏(大阪ガス株式会社 代表取締役社長)
食博覧会実行委員会
会長 本荘 武宏
(大阪ガス株式会社 代表取締役社長)

このたび、私ども食博覧会実行委員会は、一般社団法人大阪外食産業協会、公益財団法人関西・大阪21世紀協会との共催で、平成29年4月28日から5月7日までの10日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)におきまして、「’17食博覧会・大阪」を開催することになりました。

この食博覧会は、「食の都」大阪を舞台に1985年から4年ごとに開催され、過去8回の累計入場者数が480万人を超える日本最大級の「食」のイベントとなっております。

9回目となる今回も、農林水産省や経済産業省をはじめとする関係府省ならびに、大阪府、大阪市など関西および全国の自治体、関西の各経済団体や食に関する団体のご賛同を得て、食関連産業の振興と食の流通促進、さらには地域の活性化や食の国際交流を通じた食文化の向上・発展を目指して開催いたします。

「日本の祭り・日本の味くらべ」を開催テーマに、日本各地の地域資源である「食」と「祭り」の魅力を広く発信することで、国内はもちろん、世界の国や地域へ日本の「おもてなしの心」と「元気」をお届けする「宴」にしてまいりたいと存じます。

ご家族連れをはじめ、多くのご来場の皆さまにお楽しみいただけますよう、実行委員会一同、創意工夫を凝らしてまいりたいと考えております。

ぜひとも「’17食博覧会・大阪」に足をお運びいただき、大阪の多彩な食文化をゆっくりお楽しみください。

食博覧会実行委員会 理事長 藤尾 政弘

一般社団法人大阪外食産業協会 藤尾 政弘(株式会社フジオフードシステム 代表取締役社長)
食博覧会実行委員会
理事長 藤尾 政弘
(一般社団法人大阪外食産業協会 会長
株式会社フジオフードシステム 代表取締役)

平成29年4月28日から5月7日までの10日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)にて、「’17食博覧会・大阪」を開催いたします。

今回は開催テーマを「日本の祭り・日本の味くらべ」と掲げ、2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化にスポットを当て、日本全国の味覚を取り揃えることはもちろん、それを彩る伝統文化の象徴として各地の祭りを体感いただける演出を繰り広げ、日本全国の方々はもちろん、世界の人々へも楽しんでいただける「宴」を展開してまいります。

かつて「天下の台所」として全国からあらゆる食材を集め、食の魅力を発信した「食の都・大阪」の地に、今一度全国の「味」そして「祭り」を「おもてなしの心」と「元気」でアレンジし、集結させ、来場いただいた全て人の「お腹」も「心」も満腹にさせるイベントになるよう、関係者一同、創意工夫を凝らしてまいりたいと考えております。

また、大阪という「食」の舞台で日々、元気と笑顔をお届けすることを生業としている、我々大阪外食産業協会としても、会員一丸となり、企画から運営の細部に至るまで取り組んで参る所存であります。

ぜひ、この「宴」を皆さまに体感いただき、日本の食文化、そして世界の食文化を満喫する旅をお楽しみください。

基本テーマ

宴

「宴の心と技」

人は「楽しみ」を求める。それは知的な動物としての人間の本能だ。楽しみは「交わり」に始まる。社会的な動物である人間は、何よりも人間に興味を持っているからだ。楽しみを求めて交わる人々共通の雰囲気を欲する。共に見、共に聞くことによって、共通の関心事を持とうとする。「交わり」には色と形と音とが望まれる。「交わり」の場には、装飾がなされ、演技が行われ、音楽が奏でられるものだ。楽しみを求めて交わる人々はまた、意思と表現を交換しようともする。「交わり」には、会話があり、見振りがあり、装いがある。
人が交わる時、人はみな、あらゆる方法で自己を現そうとするものだ。何よりも、楽しみを求めて交わる人々は、共に生きていることの実感を求めて、共に味わい共に酔うことを欲する。食べかつ飲むことは生きる物としての人間の存在を自覚する最も基本的な行為であり、美食と美酒とは人間の本能的な喜びだ。そしてそれを共にすることこそ、共に生き、共に楽しむ証でもある。人が楽しみを求めて交わる時、よき食べ物とよき飲物、よき色とよき形、よき音とよき会話、そしてよき演出が要る。それを併せ持つものをこの国では「宴」と呼んだ。「宴」には、楽しみを求めて交わる「心」と楽しみをいやます「技」とが必要だ。
それゆえ「宴」の心を広げ、技を高めることは、この世の中に大いなる幸せを造るだろう。

堺屋太一氏著

開催テーマ

日本の祭り 日本の味くらべ

開催趣旨

  • 世界をもてなす「宴の心と技」を世界に発信
  • みんなでつくる食博、そして持続可能な食博
  • 食博ブランドの強化と地域価値創造への貢献

開催概要

名称
'17食博覧会・大阪  The International Festival UTAGE 2017 IN OSAKA
会期
2017年4月28日(金)~5月7日(日)10日間
開催時間
11時~20時(最終日は19時まで)
会場
インテックス大阪(大阪国際見本市会場/南港)
主催
食博覧会実行委員会、一般社団法人大阪外食産業協会、公益財団法人関西・大阪21世紀協会
協力
大阪商工会議所
後援
総務省、外務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、大阪府、大阪市、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、徳島県、鳥取県、京都市、神戸市、堺市、独立行政法人日本貿易振興機構、独立行政法人国際観光振興機構、関西商工会議所連合会、公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会 他(申請予定)
入場料
大人(高校生以上)当日2,200円、大人(高校生以上)前売1,600円、子供(小中学生)当日1,100円、子供(小中学生)前売800円
出展料
600,000円/18㎡(1小間)
目標出展小間数
600小間
目標入場者数
50万人